FC2ブログ

ほんのり

 * :*.:** :*.:*ほんのりやさしく香る* :*.:*毎日を*:.*:..*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すっきり

いま、これつかってます。

「ターンスクレーバー」

2014-05-11 05.54.47.jpg

(文章お借りしました)

アーユルヴェーダの考え方では、未消化の食べ物などが排出しきれていない状態のときに
毒素が舌に苔状で現れるとされています。
ちなみに、この毒素を「アーマ」と呼びます。

====================================================================

ヨガ用語豆知識
「アーマ」
病気の元を意味するアーユルヴェーダ用語だが、
ヨガ人はアーユルヴェーダも一緒に学ぶ人が多いため、知名度は低くない用語。
食事と食事のあいだの時間をあまり空けないと、食べ物が未消化のまま内臓に残り、
それらは溜め込まれていき、病気の元となると考えられている。
このため現代人は食べ過ぎであるというのがアーユルヴェーダにおいてはよくきく話。
東洋医学では、空腹が自己免疫力を高めるというところを思い出しても、
消化が完全に終わったかどうかはどうやら健康状態とリンクしていることは確かではないか。

====================================================================

アーユルヴェーダは生活の知恵、生命科学、哲学と、
複数の学問を網羅している知的体系とも言えます。
そのため、占星術などスピリチュアルな側面とのかかわりもありますが、
その歴史の古さから、どのような習慣が人間の心身の健やかさに役立つものかについて
幾度も研究をし続けている、現実的かつ応用度の高い医学だと思います。

タンスクレーパーは、朝起き掛けに使ってみます。
こうすることにより、「アーマ」を取り去ることが出来ます。
また、味覚を鋭敏な状態へと導いてくれるため、
その日最初に頂く食べ物がナチュラルであれば
残りの時間もバランスの良い食事を好みやすくなることも期待出来ます。

舌の上に「糖質」(=食物繊維を抜いた栄養状態の炭水化物)が残っていると、
不要な食欲が高まるという考えが西洋医学でもあるときいたことがあり、
舌は様々な情報を口内環境のあちこちから拾っています。
歯磨きや歯間ブラシなど、食べ物のカスをキレイにとる道具は、
西洋医学の発展により豊富に選ぶことが出来、虫歯予防にもなります。
舌の状態も良好になると思います。

(文章お借りしました)

2014-05-11 05.55.18.jpg

このような内容を本で知って、アーマが気になってました。
それで、はぶらしでこすってたのですが、はぶらしでやるのはアーマを舌に押し込んでしまってるようで、
よくないと。
そして、ターンスクレーバーがなければ、ちいさいスプーンでとありました。
金属がいいようです。

そこで、スプーンでやってました。
甘いの食べ過ぎたときや、暴飲暴食してしまったとき、飲酒をしたとき。
いつもより多めに取れたり、黄色がかってたりします。
状態がわかります。

朝一番 このことを知ったから続けてました。
スプーンで舌苔とれ、さっぱりするのであれば「ターンスクレーバー」だったらと、思ってました。

んで、前回の楽天スーパーセールで購入

また、チタンくんに入ってた説明書にもこんなことが、
ここから「抜粋」
朝一番の舌の奥に蓄積されるアーマと呼ばれる毒素を除去するのが健康維持の最大の秘訣。
バイオフィルムと呼ばれるバクテリアの塊からは内毒素が産生されますが、
これは心筋梗塞や脳梗塞の原因のひとつ。
さまざまな病気の根も絶つ可能性を持ってます。とあります。



買って正解!!
気持ちよくて毒素排出なんて、いいこと尽くめ






スポンサーサイト
【 2014/06/03 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。